中古車オークション代行を選ぶなら価格交渉が決め手

高く売り安く買いたい人が利用する

中古車オークション代行業者を利用する目的は、車を売る時には高く、購入する時には安くするために他なりません。オークション代行の上級利用者は、販売店の利益が乗らない中古車オークション市場を上手に活用し、金銭的なメリットを生み出しています。実際に、車を手放す時には平均的に20万円から30万円の相場の違いがありますから、利用しない手はありませんよね。購入する場合には、毎週5万台規模で売りに出される市場の中から、じっくり選んで希望に合う一台を見つけ出しやすいという利点もあります。中古車を売る場合は出品する立場、買う場合は落札する立場になりますが、双方とも交渉能力が必要となります。

選ぶなら価格交渉能力のある業者

いざカーオークション代行業者に頼むとなると、意外に数の多いことにちょっとビックリするかもしれません。そうなると、どの業者に依頼するのが正解なのかと悩むことになりますが、一番良いのは価格交渉能力の高い業者に依頼することです。特に購入となれば、欲しいクルマを希望価格内で落札してもらわなければいけません。成功報酬型の業者もあるので、安心して任せられるのも高いポイントですね。また、各社とも決まった車種の売買に強い、特定のエリアに強いなどといった特徴があります。自分の車と相性の合う業者を選んだほうが、売るにしても買うにしても良い結果が期待出来ますよね。アフター保証などが手厚いと、売買が終了した後も心強いサポートを受けられるのが魅力。自分の求める能力の高い業者を見極める目が必要でしょう。

気になる業者利用の費用はどれくらい

売る時には高く売れて、買う時には安く済ませられるとなれば、業者に費用を払っても収支はプラスに働くはず。とは言っても、いったいどれくらいかかるのかは気になるところですよね。これは業者ごとに設定が異なるので一概に言えませんが、売る場合の代行手数料は30,000円から50,000円前後のところが多いようです。買う場合の手数料は50,000円前後が相場のようですね。業者によってどんな車でも一律のところもあれば、価格によって細かく設定を変えているところもあります。また、売る場合は手数料の他に出品料、成約料、陸送料などがかかるのが一般的。買う場合は、落札料や入札料が手数料とは別にかかるのが一般的です。出品料も成約料もだいだい10,000円で、陸送料は住んでいる地域で変わるところもあれば、一律設定のところもあります。