中古車のオークション代行には消費税や手数料といったコストがかかる

プロしか入札することができない中古車オークション

中古車のオークションは通常のオークションとは異なります。通常のオークションは商品を購入したい人が直接入札することができ、出品をしたい人は初期価格と即決などをきめてオークションに商品を出します。商品を欲しい購入希望者が都度入札を行って、オークション終了時点で一番高額入札を行った人が購入する権利を得ることができます。一般の購入希望者は直接入札をすることができないため、プロのオークション代行業者が入札を行ってくれます。新車よりも安いですがかかる料金は安くはありません。オークションで安くしたいと思っていても悪質な業者もいるため事前の見極めは大切です。

消費税や手数料など表示がないところは避ける

オークション代行業者を見分けコツは明確なコスト表示があるかを確認します。消費税や自動車税はもちろんですが、オークションにはさまざまな手数料がかかります。代行業者の中ではかかるコストを明確に表示しない場合には避けたほうが無難です。また過去の落札価格などさまざまなデータを積極的に出している業者はおすすめです。避けるべき業者の場合には価格を誤魔化そうとデータをしっかり出してくれません。料金は業者によって異なります。一番安い価格を表示している場合には代行手数料だけを表示している業者です。そのため、あとから落札コストや入札手数料をプラスしてきます。料金は契約前に確認します。

消費税などの税金やさまざまな手数料がかかる

中古車のオークションは通常のオークションとは異なります。通常のオークションは商品を購入したい人が直接入札することができ、出品をしたい人は初期価格と即決などをきめてオークションに商品を出します。商品を欲しい購入希望者が都度入札を行って、オークション終了時点で一番高額入札を行った人が購入する権利を得ることができます。中古車のオークションの場合には、一般の購入希望者は直接入札をすることができず、オークション代行業者が入札を行います。代行業者が入札を行っているため、購入希望する本人が車の状態を確認することができません。代行は車に詳しいプロが行っているためしっかりチェックしてくれますが、弱冠の不安はあります。自分で見れない不安な部分はしっかりと業者につたえて重点的に確認をしてもらうようにします。良質の業者はオークション前に出品リストなどのデータを送ってくれます。